霊感に関して

トップページへ戻る 管理人へのコンタクト 霊能者K氏のプロフィール 霊能者K氏への質問リクエスト掲示板

TOPページ戻る

霊能研トップページへ

Ⅰ.霊的手技

霊視(総論) 除霊 浄霊 祈祷 【準備中】 先祖供養 水子供養 呪い

Ⅱ.霊と人

霊能者 霊感 前世 霊媒体質・憑依体質 夢(予知夢)

Ⅲ.霊の種類

生霊 守護霊 地縛霊 浮遊霊 【準備中】

Ⅳ.霊的な影響

霊障 憑依 憑依と精神疾患 心霊写真 怪奇現象・心霊現象 家系の災い・障り

Ⅴ.八百万の神々

神様(総論) 稲荷神 龍神・龍神大蛇 【準備中】 七福神 【準備中】 守護神 【準備中】

Ⅵ.神仏に関する世界

死後の世界 神界 霊界 【準備中】 地獄界 【準備中】

Ⅶ.現世との関連の場

パワースポット 心霊スポット 【準備中】

特設ページ

管理人霊視鑑定を受けるの巻

霊能者のプロフィール等

霊能者K氏のプロフィール 管理人へのコンタクト

霊感

【一般的説明】 霊感について

【2013.05.13 霊能者K氏とSkype通話にて同時記載】
まず霊感とは神仏の示すものを感じる能力のことをいいます。
感度によって、それは異なり、
弱い方であれば、変な神仏が近くに寄ってくると鳥肌がたったり、寒気がしたり、具合悪くなったり、嫌な感じがしたりすることがあるレベルに留まります。
強い方であれば、神仏が直接見えたり、声が聞こえたり、体を触られるのを感じたりします。影響を心身共に受け易い方は霊感度が高いと言えます。
「見える・聞こえる」が霊感と捉える方が多いですが、感じる・身体へ何らかの影響(対象不良・精神不安定など)を受けるのも霊感となります。

そして、霊感が高いことにより、それが苦しみになっている人は実は沢山います。
ただ、見えたり聞こえたりするだけであり、攻撃も防御もできないからです。
霊感が高い=神仏の思うがままになりやすい傾向があります。
攻撃・防御などに関しては霊感度とはまた別のものになり、施術の方法がわかっている方であれば、防御なり攻撃ができるわけです。
霊感が高い人の場合、少なくとも鎧(防御する力)がないと大変な目にあうことがあり、一般の方はそれが殆ど持っていないのが現実なのです。

また、夢枕に立ったり、予知夢を見たりするのも霊感に含まれます。
とっさのひらめきなども霊感が関連している場合が多いです。
霊視ができるというのも勿論、霊感があるといえます。

一般的には霊感は無い方が幸せです。
中途半端な霊感を持っている人が色々な意味で一番大変です。

職業として霊能者をやっている方も、全ての霊能者が霊感度が高いという訳ではなく、その方によって霊感度が大きく異なります。ただ単に感じるというレベルでやっている方もいれば、神仏系がしっかり見えてたり聞こえていたりするレベルまでピンキリとなりますね。

【私見】 霊感について

【注:一般的説明を記載前に記述】
さて、霊感の項目がやってきました。
自分には霊感というものが全くないので、なんとも言えないんですが・・霊感高い人は結構大変みたいです。
身体面では体重くなったり様々なことが起こり、精神面では気持ちがダウンしたり・・。
自分は気持ちがダウンする事があり、そのたびに酒をかっくらったりするのですが(^^;、それは霊感とは全く関係がないそうです・・・(汗)霊感の影響だったら、その度に「除霊してくれー!」「浄霊してくれー!」と霊能者K氏にお願いすれば復活できるのかもしれないと思うと少し残念な感じではあるが・・・。

一般的には神仏が見える能力、神仏の声が聞こえる能力、神仏の気配を感じる能力ってのが霊感が高いワケなんですが、自分は「霊感が高い=神仏の影響を受け易い」な認識が強く、ちと一般の方の認識とは異なるのかもしれません。
実際、霊能者K氏が受けている相談は「見えたり、聞こえるからどうにかしてくれ」より「影響受けまくって生活できないからどうにかしてくれ」が多い印象だし・・。
だから、よくネットとかで「霊感を上げたい」という人がいるけど、物好きだねぇ・・・と思ってしまう。
正直、自分は怖いから見たくないし、聞きたくないし、感じたくもないんですよ(^^;もちろん変な影響も受けたくないス。

以前、霊能者K氏と関係者さん達と一緒に心霊写真を見た事があるのですが、自分には見えないけど、K氏と霊感体質な人が同じところを指差して「ここの木の上に男の人いるねー」とか話をしていたのを思い出しました。なんだか、霊感があると写真から浮き出て見えるそうです。自分には全く見えなかったですが・・・。別にいいもん。怖いから。

【私的Q&A】 霊感について

【Q】管理人より質問
自分(管理人)は貴方(霊能者K氏)にたまに会ってたりしますが、霊感が少し上がったりしてしまいますか?
霊感上がるのイヤなんですが(汗)
【A】霊能者K氏回答
そんなにしょっちゅうではないので、上がることはありません。同居をしていたり、頻繁に毎日のように会っていたりしなければ感化されることはないでしょう。
例えば、母親が霊感が高い場合、本来下がるべく霊感が下がらず感化し開花するケースなどがあります。
【Q】管理人より質問
男性よりも女性の方が霊感が高いとどこかのサイトに書いてあったのですが、本当ですか?
【A】霊能者K氏回答
性別は全く関連性がありません。女性の方が霊的な世界に興味があるので、その辺りもあるのではないでしょうか?
【Q】管理人より質問
幼少期には霊感はある程度あるとの事ですが、それはどの位のレベルの霊感ですか?
見えたり聞こえたりなレベルですか?
【A】霊能者K氏回答
見えたり聞こえたりするレベルです。普通に見えてます。なので赤ちゃんなどは人がいないところをずっと見ていたり、笑ったり・泣いたり・怯えたりしていることが多いです。
ただ赤ちゃんは言葉が判らないので、それを普通の人だと思ったり、動物だと思ってたりします。
赤ちゃんは基本的に無なので、感度が高く、チャンネルが合ってしまうのです。赤ちゃんが頻繁に泣く様ならば、要注意です。貴方の土地屋敷に変なものが侵入している可能性もあります。ある意味センサーです(笑)良くも悪くもセンサーとしての役割を果たすかもしれません(笑)
怖い場合はセンサーを沢山つくってください(笑)
日本の少子化解消にもなりますよね(爆笑)
【Q】管理人より質問
霊感が高いだけで霊能者になれますか?
【A】霊能者K氏回答
霊感だけで霊能者やっていたら死んでいますよ(笑)
とりつかれるか引っ張られるか、どちらかでしょう。最低でも防御力は持っていないとやられてしまいます。防御さえできていれば、なんとかなるかもしれません。安易にその道(霊能者)にいくのはどうかと思います。
【Q】管理人より質問
透視能力・超能力は霊感と関係がありますか?
【A】霊能者K氏回答
透視できる方は基本的に霊感があると思います。
どちらかというと霊的な方に長けているわけでなく、現実的な部分を見抜く能力に長けているだけですが・・。中には両方持っている方もいますね。
超能力は・・・物理的な部分・化学的な部分も入ってきますので、霊能力とは分野が異なってくると思います。超能力はどちらかというと物に対して何かやっている感じで神仏に対してではないですね。あれは気や物質を操っている感じがします。ちょっと霊感とは次元が違いますね。
【Q】管理人より質問
動物は結構神仏が見えるといわれてますが、霊感が高いという事ですか?
【A】霊能者K氏回答
動物はもともと赤ちゃんと同じ様に霊感が高いです。
ただ、違いとしては赤ちゃんの場合は自我が芽生えると低下していきますが、動物の場合はずっと生涯霊感度が高い状態を保っています。見える聞こえるのレベルで霊感度を持っています。
犬だと怖くて吼えたりします。鳥とかもピーピー鳴いたりしますね。猫は逃げる傾向があります。
【Q】管理人より質問
あなた(霊能者K氏)が霊感を落とす術ができるのは知っているのですが、上げる事は可能ですか?
【A】霊能者K氏回答
可能です。神系の力をお借りしている形です。それにより感度を上昇させることができます。
【Q】白玉様より質問(掲示板2013.04.25投稿)
「霊感」とは生まれた時からの有無や、強弱(感度)って決まっているのでしょうか?
何らかの影響でその本来持っている?器の大きさが変わったりするのでしょうか?
【A】霊能者K氏回答
霊感は基本的に生まれたときには誰でも持っているものですが、自我が芽生えてくると2-3歳で霊感度が下がって落ち着くのが普通なんです。あとはその家庭環境であったり、周囲の方に霊感が非常に高い方がいたりする環境的な要素によって、その後の霊感の上昇・下降が決まります。
器の大きさ、すなわち潜在能力は生まれ持って決まっています。修行したからといって、爆発的に上昇することはありません。それぞれ生まれもっての限界があります。それを100%生かしている人もいれば、全く使ってない人もいます。霊感の潜在能力が中くらいの人がいくら頑張っても、上級の人にはかなわないでしょう。潜在能力が高い人が何かの拍子に凄い能力になったりもします。
その潜在能力の度合いによってどの程度まで上がっていくのか決まるわけです。
もしかしたら、MAXで私と同等になれる方もいるかと思います。それぞれ、能力のMAXは決まっています。器(潜在能力)はそれぞれ違います、それが開花するかどうかの違いです。
【Q】白玉様より質問(掲示板2013.05.08投稿)
周囲から「あの人は霊感があってね」と言われている人(仮にAさん)がいるのですが、どうも「それって『霊感』じゃなくてAさんの『思い込み』じゃ..」と私的には感じています。
こう考える理由は、『霊感』というものに対して自分が抱いている判断基準(過去や未来の答に対する確実性、解決への方向性等)に照らし合わせるとAさんは「ズレて」いると思われたからです。
しかし、そう思っているのはどうやら自分だけのようで、「霊感があるから」と自身で吹聴するAさんとは距離を置きたい自分を、逆に周囲は不思議がるのです。
そういう場合、自分と周囲とのAさんに対する「霊波(と呼んでいいかどうか)」の波長の届き方の距離感なり、捉え方の感度が違うという事でしょうか?
【A】霊能者K氏回答
多分、相手の人間性の好き嫌いがあると思うのです。
うーん・・・ただ、霊感があるからといって、白玉さんが基準としている過去や未来の確実性というのは透視に近い内容かと・・。実際に霊感があるから、そこまで見れるかというと、そこまでわからないと思うのです。自分が思っている霊感という認識との差があって、Aさんという人を違うと思って気持ち的に距離をおいているだけにすぎないですね。
また、人間的にも波長ってあるじゃないですか?波長が合わない人は合わないですよね。そういった感覚的な問題だと、先入観で自分の描いている判断基準で自分と相手とのギャップが生じていて、その時点で相手への信用性とか疑問とかが多くなる。結果、その人に色々言われても響かないものです。透視と霊視の違いを理解していないから、尚更否定的に見てしまうのでしょう。考え方の違いのギャップなのでしょう。
【Q】白玉様より質問(掲示板2013.05.08投稿)
つい先日「悪夢」にうなされました。
内容はなぜか?喪黒福造がリヤカーを引っ張りながら私に向って(心臓あたりををめがけて)突進して来るというものでした。
追い払おうとお不動様の真言を唱えていたのですが、声にならなず、次に祓詞を唱えだしていよいよ私とぶつかるっていう瞬間に「うおーっ」と自分の声ではないような大きな叫び声をあげて目が覚めました。汗びっしょり、喉もカラカラ、嫌な目覚めで怖くてそのまましばらく寝付けませんでした。
しかしたまたま「悪夢を見た時の呪文」が書いてあった本を持っていたのを思い出し、それを唱えて横になっていると知らぬ間に朝が来ていました。
そして夕刻、実家より「父が胸を押さえて苦しみだし病院へ
連れて行った」と母から連絡がありました。幸い父は診療後自宅へ戻れるまで回復しましたが、「心臓の精密検査」を言われたそうです。
いわゆる「虫の知らせ」というヤツだと思うのですが
これも「霊感」と言われるものに含まれるのでしょうか? ?
【A】霊能者K氏回答
基本的に霊感は誰でも少なからず持っています。誰でも持っています。
その中でも「虫の知らせ」の様に夢で見させられる霊感もあります。
正夢であったり、何かの警告であったり、その夢の内容にもよりますね。
一応、「虫の知らせ」は霊感の中には含まれると思います。
夢で見せられる人もいますので、少なからず霊感があるのでしょう。
見えたり聞こえたりすることはないのでしょうが、何か先々のことを察知する霊感度っていうものを白玉さんは持っているのかもしれませんね
【Q】玲菜様より質問(掲示板2013.09.08投稿)
私はある時期、霊現象に悩み霊媒師に見て貰いました。
霊能者さんの話によると、私は霊媒体質と言われ「かなり心霊スポットに行ってるね。それは貴女が呼ばれていて貴女に何とかして欲しくて何体も憑いてるよ!そんな所に行ってたら命取られるよ」と怒られました(まぁその通りある時期心霊スポットにかなり行っていたので反省)。その時何体か祓って貰いましたが、1度じゃ祓きれない無いと言われました…
しかし、私は歯科衛生士であるクリニックで働いていて、そのクリニックには霊が溜まるみたいで色々な霊が見えたりして酷い霊は夜中「○○してくれ」とか耳元で叫ぶのですが、その○○が聞き取れなく、しつこいので「うるさい自分で何とかしなさい!」と怒鳴ってしまったのですが…
それ以来その男の霊は現れませんが、大丈夫でしょうか?
この間も夜中寝室のドアをバンバン叩くので「なにぃ!うるさい」と怒鳴ってしまいました。
そういった、しつこかったり、うるさい霊に怒鳴って大丈夫でしょうか?
【A】霊能者K氏回答(2013.09.09)
強気でいいんじゃないですか?
怖がるよりも強気の方が霊体は近寄りにくいものです。
基本は強気の方がいいです。
霊体の方も「コイツ強気だな・・ダメかな・・」と去っていきます。
霊の性格にもよりますが、優しくしたり、同情してしまったり、怖がったりすると頼ったり、すがったり、つけこまれたりします。
まぁ一番良いのは無視する事ですが。
また、「くるな!自分には何もできない!」と言葉に出して言うのも良いでしょう。
この方に関しては怒鳴るのが正解でしょう。
タチが悪い霊の中にはそれを面白がってくるのもいますが・・・。
この方は霊媒体質というより、霊感体質だと思うのですが、もし体質的な問題がある場合は何回祓ったところで無意味かと思われます。もし霊感体質であればですが・・。
【Q】レトルトカレー様より質問(掲示板2014.03.24投稿)
私の母は霊を見ることがあります。とはいってもたまーに寝ている時に霊を見るくらいで霊感があるというほどではありません。
母が霊を見るのは、親類の葬儀で焼き場に行った時や墓参りで墓地に行った時です。そういう時は決まって、真夜中で寝ているとき霊に足を引っ張られ「うーうー」うなされるそうです。私が声に気づくと起こしに行きますが、そうでないとうなされ続けます。
うなされるのはその晩限りで、怪奇現象・霊障はなく差し迫った危険もありません。ただ本人が怖がるので。
そこでこの現象はどういうことが考えられるのかとどう対処したらいいかをお伺いしたいのです。よく言われるように塩を部屋の四隅に置くのがいいのでしょうか。あるいは墓地から帰ってきた時に塩を体に振るといいでしょうか。
この程度ならK氏の鑑定を受ける必要はないと思っていますが、鑑定をした方がいいでしょうか。

【A】霊能者K氏回答(2014.03.25)
文章を見る限り、軽い霊感体質ですかね。
体質的にもらってきている可能性ありますね。
霊感が多少あると判るとすがってくる霊体もいます。
対処方法ですが、自分でやるなら、お葬式・お墓参りから帰ったら清め塩を体に振ってもらったり、ちょっと酷い時には般若心経を読んでいただくのが良いでしょう。

本当は何も気にしないのがいいのですけど・・・、現状、怪奇現象・霊障などが無いのであれば、そんな簡単な対処法でよいのではないのでしょうか。
多少見える位であれば、本人が気にしないであれば大丈夫でしょう。
怖がると寄ってきますので、そこは注意してください。

あと、たまに霊を見るというのは霊感があり、霊感体質者です(笑)普通の人は見えません。見えること自体が霊感体質なのです。それがたまにでも(笑)
普通の人は霊なんか見ることないので・・・そこの認識は間違いですね。
まぁ、それ以外で異変があったり、あまりにも酷い様であれば、鑑定をご検討下さい。
【Q】匿名様より質問(掲示板2015.05.31投稿)
自分には、悪霊から守りたい大切な人がいます
Kさんの所に行けば霊感をあげてもらうことは可能なのでしょうか?
もしそれが出来たなら、自分に大切な人を守ってあげることは出来るのでしょうか?
【A】霊能者K氏回答(2015.06.15)
大切な人を悪霊から守りたいのであれば、大切な人が悪霊の影響を受けない様に体質改善するのが早いですね。
この質問者の方の霊感を上げる事はできますけど、ただ霊感が上がったところで、悪霊から守れるかどうかは別問題です。もしかしたら二人ともやられてしまいますよ。
霊感を上げても攻撃力も防御力もないと一方的にやられるだけです。標的が一つ増えるだけです。
守るどころか自分がやられますよ。

『自分が守ってあげたい』と思うその気持ちはすごく良い事だと思いますが、その筋にはそのプロがいますので、神仏問題はプロに任せた方が一番安全です。
本当に守りたいのであれば、ちゃんとしたやり方があるので、自身の身を削らなくても解決策はいくらでもあります。当方にご相談下さい。
【Q】満腹娘様より質問(掲示板2016.02.18投稿)
わたしのまわりは霊的なことがある?人が多いです。(憑かれやすい好かれやすい感じる見える祓?えるエトセトラ…)
最近は霊的なトラブルもちょくちょくあります。建物の構造上大変集まる上にかつて墓地だったりしたそうです。
そのトラブル被害が友人に来ています(引っ張られるから憑かれるまで様々)が、私はなんともありません。
確認したら霊に嫌われる体質のようで、わたしにはまったく寄り付かないそうです。(見える人も感じる人もみんなそういいます)
この体質は友人のために利用できないのでしょうか?
少しでも小さなことでも利用方法があったらお答えいただきたいです…。
【A】霊能者K氏回答(2016.03.16)
体質によってなのですが、寄せ付けない・弾き飛ばす・跳ね除ける・嫌われてる(笑)とか色々な逆パターンありますね。
大抵は霊感体質では寄せ付けて影響を受けやすい人が多いですが、同じ霊感体質でも霊体が離れていく人もいるのです。
その場合、周囲に霊体が飛んでしまって、周囲が影響を受けて不幸になったり、災難にあったりトラブルに巻き込まれたりする可能性もあります。実際にそういった霊感体質の方はいます。
単刀直入に言えば、その体質で誰かを助けるというのは難しいかもしれないです。

正直、そういう方は我が強い方が比較的多いですね。
霊体も元々人間ですから、死んだ後も好き嫌いがあります。現実社会でもそうですけど、人が寄ってこない人っていますよね?霊体も同じ感覚を持っていて、寄ってこないのです。霊も相手を選ぶ権利があります。霊体からも避けられる人もいます。
そういった方の場合は必然と霊体が離れていくのです。影響を受けてしまうのは周りの引き寄せてしまうタイプの霊感体質の方々となる可能性があります。

文章を拝見する限り、この方の場合は霊に嫌われている可能性があります(苦笑)。
メンタルが強い・我が強い方がそのタイプに多いです。
上昇志向だったり、プラス思考だったりすると霊体もあえてそこに近づいてこないのです。
霊に嫌われているかどうかは別として、その人自身の強さがあって、霊体の方が取り憑くのを諦めたりしているのかもしれませんね。
実際、鑑定してみないと判らないので、どういう風に利用できるのはなんともいえないですね。
本来、自分に襲いかかってくる者がもしかしたら、他の人に対して跳ね除けてしまっていて、逆に周囲に影響を与えている可能性はあります。
もしそうだとすると自分は影響がないという部分においては良いかもしれませんが、周囲が影響を受けている様であれば問題かもしれません。

私なんかも全く近づいてこないですけどね(笑)
できることなら関わりたくないです。できたら離れていてもらいたい(笑)

【wikipedia記載内容】 霊感について

霊感(れいかん、inspiration)とは、神・仏が示す霊妙な感応のこと。
また、神や仏が乗り移ったようになる人間の超自然的な感覚。
あるいは霊的なものを感じとる心の働きこと。
理屈(理知的な思考過程など)を経ないままに、何かが直感的に認知されるような心的状態。
また、こうした本来の意味から転じて、芸術家・哲学者・科学者などが説明しがたい形で得た着想、ひらめきのことも指すようになった。

霊感は例えば次のような状態で見られる。ひとつは断食、不眠(お籠り)、修行による疲労 等の生理的条件、および山中・神殿・深夜の時間帯といった環境的条件をととのえて、余計な意識活動・理知的活動を消してゆくことで得られる場合である。もうひとつは、霊能者と言われる、生得的に無意識的活動に入りやすい人物がそれを得ている場合がある。
つまり聖職者や預言者、僧などの宗教家が修行や悟りの結果として神仏からの啓示を得る場合と、もともと生まれつき霊能者として霊感を得る資質を持っている場合がある、ということである。また、祈ることによって神・仏からの反応が得られる場合もあろう。
聖書など多くの宗教書が霊感をもとに書かれている。

管理人へのコンタクト 霊能者K氏のプロフィール 霊能者への質問掲示板 霊能者募集

■お知らせ■
2017.06.01
管理人及び霊能者K氏がマジで多忙中につき質問掲示板の回答は一時停止致します。
回答できてない皆様ごめんなさい。
2014.07.21
管理人へのコンタクト停止
霊能者K氏の本家ホームページはご自身でお探し下さい!ヒントは「管理人へのコンタクト」に記載してあるヨ。
K氏のKは本名の部分なので本家ホームページには出てないので注意してね。
2014.07.27
今となっては過去の黒歴史(笑)霊能研R2オフ会報告ページ!
詳しくは下の島風バナーをクリックだっ!!

K氏へ質問掲示板(直通)

トップページへ戻る 管理人へのコンタクト 霊能者K氏のプロフィール 霊能者K氏への質問リクエスト掲示板