憑依に関して

霊能研R3 本物霊能者の紹介所

憑依

【一般的説明】憑依について

【2012.02 霊能者K氏監修済】

まず、憑依とは神仏が魂の隙間に入り込む事により、その方の人体・精神・行動を支配していく事です。

霊体は現世に生きる人間と同様、性格も様々であり、生前の記憶も残っています。現世に生きる人間と異なるのは体が存在しない点です。様々な死因があり、死亡した状況が継続されていたり、念を持って亡くなっている場合が多く、成仏ができておらず現世での意思表示の場を求めて彷徨っています。憑依体質の人間は、そういった神仏にとって格好の場となります。憑依された側は、程度の強弱はありますが、その神仏の状態・精神を一部引き継ぐ形となります。

例えば、怪我を負っている霊→その部分の痛みがあり、助けを求めて憑依する。空腹のまま死亡した霊→憑依された側は空腹を感じる。空腹を満たすために憑依する。殺された霊→憑依された側は精神的に不安となり特に怒りの感情をむき出しとなる。その無念を晴らす、誰かに話を聞いてもらいたいために憑依する。

霊感が高く憑依体質の方は即座に憑依反応(性格や行動の変化)を示しますが、そうでない方の場合は徐々に憑依が進行していきます。最初は記憶が一瞬飛ぶ位のものが、時間経過とともに継続時間・頻度が上昇していき、進行期間は数ヶ月から数年、数十年までかかる場合があります。最終的には、殆ど自分でない状況まで進行していきます。

憑依される神仏の数ですが、1体とは限らず、極端な例をあげると数百体にまでのぼることもあり、時間の経過と共に増加傾向を辿る事が多いです。神々が憑依することもあり、霊との複合憑依をとなる場合もあります。

憑依状態の方に対して一般的な除霊・浄霊を行った場合、一時的に症状が回復はしますが、再度異なる霊体に憑依されてしまう事が殆どです。もともと憑依により埋まっていた魂の隙に空白が生まれ、そこに別の霊体が再憑依するのが原因です。よって、その後の対処が重要な事になります。手法を確立されている霊能者にご相談が必要となります。

憑依から精神疾患へと発展する事が多く示唆されてきましたが、実際は精神疾患から憑依されやすい精神状況となり、憑依により精神疾患が加速進行する複合型のケースが増えている様です。詳しくは「憑依と精神疾患」の項目でご説明します。

【私見】憑依について

【注:一般的説明を記載前に記述】

今、一番問題が多く困っている人も多いんじゃないでしょうか?人間にとってはいい迷惑って感じもします・・・。でも、自分が未成仏の霊でこの世の中を彷徨ってたら、憑依してみたいとか思いますな。若い女性に憑依して、お風呂に入りたいです(笑)マジで。まぁ話しを戻しますが、この世の中には未成仏霊が溢れている現状を考えると憑依体質(霊媒体質)の方は大変でしょう。

自分の知り合いにも憑依体質の方がいましたが(現在は改善)、話を聞くと当時の家族は本当に大変だったと思います。じいさんが出てきたり、色々な霊が代わる代わる出てきて勝手な事をしゃべったり暴れたりするわけです(^^;「本人は何処にいった?」な状況だった様です。多分世の中にはそういった方がまだまだ居るのでしょう。憑依が原因で家庭崩壊しているとこもあると思います。心中お察しいたします。

あ、あと7歳くらいの女の子が「人間の肉体」とか連呼していたのもたまたま目撃しましたが、あれはビビリましたね~。なんか20歳くらいの男性が入り込んでたみたいです。「コイツ、実はロリコンなんじゃ?」という疑いの念を自分は持ちましたが(笑)目的はそっちではなかった模様です。普通に生活したかったみたい。普段は周りを騙すために子供の振りをしていたそうです。怖ぇ~・・。まぁ、その後、目の前で処理されましたが(^^;最後のセリフは「あがぁりたくないぃーっ!!!(叫び)」だったのが印象的(汗)

真面目解説でも触れましたが、重要なのは「憑依は繰り返す」ということでしょう。鬼の様な精神の強さを持っていれば別ですが(まぁ、そんな人はもともと憑依されないけど)、それはやっかいだと思うのだ。

除霊→回復→再憑依→除霊→回復→再憑依→除霊→以下(ry を繰り返している人も多いのでは?そんなこんなで色々な霊能者を次から次へと訪問して除霊してもらって、その度に大金を支払い「あそこはインチキだ、すぐに悪くなった」と言ってる方もたまにいますね。霊能者が再憑依のリスクまで考えてないか、全然わかってないかのどちらかでしょう(^^;まぁ一般に憑依の事ってあまり知られていないので仕方ないとは思いますが・・。

憑依で霊能者を訪れる際は必ず「再憑依に対する対策」について確認する事が大切だと思います。「なにそれ?」みたいな事を言われたら、その霊能者はダメダメな可能性が高いですね~。注意してくださいね。手技・手法を確立している霊能者は少なからずいます。

自分が興味深いのは精神疾患との関連性ですが、それは「憑依と精神疾患」の項目で。

【私的Q&A】憑依について

【Q】管理人より質問

動物霊が憑依するケースはありますか?

【A】霊能者K氏回答

ないです(キッパリ)。動物は脳の発達が優れているわけでなく、亡くなったら基本的にすぐに成仏します。

【Q】管理人より質問

憑依されているのに全く本人にその自覚がない場合はありますか?また、一生、それに影響を受けない方っていますか?

【A】霊能者K氏回答

憑依された初期の間は自覚はないです。5-10年で表に出てくる。憑依体質の場合はすぐに現れる。一生受けないことはないですね。

【Q】管理人より質問

ちょっとエッチな目的で若い女性を狙って憑依する霊って実際いますか?将来のための確認です(笑)

【A】霊能者K氏回答

そんなもの(見るだけ)で満足する霊はいない。しかし、エロイのが結構います。注意してください。
「○○○してぇ!」というのがいます。基本的に本当にエロイ奴で性行為目的だったら同姓を狙ってきます。ちゃんと事前に調査しているみたいですね。

そこそこ金を持っている人を狙ってソー○ランドに直行する霊もいます(笑)気づいたら大金がなくなってる(笑)イケメンで憑依体質は標的になるので注意!

【Q】管理人より質問

憑依されたりすると寿命に影響しますか?

【A】霊能者K氏回答

霊体にひっぱられる可能性があるので、必然的に短くなります。かなり影響すると思います。寿命は憑依霊の考え次第です。

【Q】管理人より質問

霊媒体質でない方が憑依されやすくなるリスクファクターを教えて下さい。

【A】霊能者K氏回答

性格と精神面。憑依されやすい方は共通点があります。性格が優しい方・素直・神経質・マイナス思考・過去をひきずりやすい人。頭の回転が速い人も憑依されやすいです。文系よりも理系の人間が憑依されやすいです。レールが外れた時に一気に落ち込む・融通がきかない点があり、自分の理想通りに物事を進めたがる。思い込みが激しい、妄想・空想が激しい人も精神バランスを崩し易く、憑依されやすいね。

【Q】管理人より質問

憑依の度合いにもよるのでしょうが、重度に憑依されている時(行動・言動をのっとられている)、本人の記憶に残るのでしょうか?本人に戻ったとき「あちゃー!変なことされちゃった!」みたいな(汗)

【A】霊能者K氏回答

半分の残る人は50%、完全に消えている人は50%で、半々です。半分残る人は行動・言動は自分で抑えられないが、記憶は残る。全く覚えてない人は全く覚えていない。「サイフ見たら金がない」ケースや「勝手に誰かと○○○してる」ケースが実際に存在します(笑)

【Q】管理人より質問

憑依体質(霊媒体質)って生まれながらの素質みたいなものですか?

【A】霊能者K氏回答

3歳くらいまで誰もが持っている霊力が持続しているか否かの違い。素質というか環境の要素もある。もちろん素質の面もある。

【Q】管理人より質問

周りから見て、憑依されている状態が実際の人格と思っていたけど、憑依を改善したら逆に嫌な性格の人になってしまった例とかってありますか?

【A】霊能者K氏回答

あります(笑)まれにもともと性格に問題があった方で、憑依した霊の方がまだマシだったケースがあります(笑)「ずっと憑依してしまえ」と思ったよ(笑)まぁ、大抵は逆のケースが多いです。性格が良くなる。

【Q】やす様より質問(掲示板2013.05.24投稿)

「体を鍛えれば憑依されなくなる」とも書いてあるホームページがあったのですが、どうなのでしょう?

【A】霊能者K氏回答

体というよりメンタル面ですかね・・・精神面が強くなければ狙われ易くなるのです。

憑依体質でも気持ちが強い人も中にはいますが、そこでなんとか、自分で追い払うじゃないですけど、中に入られても霊体に支配されない形でギリギリで防御できている人もいるかもしれません。メンタルが弱い人の場合は完全にやられる可能性が高いです。気持ちが強くなきゃダメですよね。

なので、マッチョになったとしても憑依はされます(笑)マッチョでもメンタル弱いと憑依されます。肉体的と精神的とは違いますから。

【Q】yao様より質問(掲示板2013.07.30投稿)

憑依を改善したいのですが以前の質問から精神面を鍛えるとありました。その方法は例えばどんな事をしますか?憑依された悪魔と戦うとかですか?

【A】霊能者K氏回答(2013.08.01)

まず、自分で憑依は治せないです(キッパリ)。一人で直すのには無理があります。

憑依されているということは既に精神的・肉体的に神仏の支配下におかれていますから、いくら本人が頑張ったところで、ある意味、無駄な努力になります。頑張ったところで押し戻されてしまうのです。憑依されている段階で精神的・体質的な問題があり、既にマイナスとなっていますので、頑張っても無駄におわってしまう。それならば、きちんと処置をした上で頑張った方が良いです。あと、自身に憑依した悪魔と戦うのは無理です。悪魔か悪霊かはわかりませんが・・・。

基本的に憑依された時点で負けなのです。ある意味完敗です。そこを取り除いてから解決していくのが大切。自分自身がいくら頑張っても中に霊体とか入ってるのを抜くのは無理です。あり地獄であがいているのと同じです。体力ばかり消耗していく。

本当に初期の段階なら、メンタルを鍛えればなんとかなるかもしれないけど、自分で憑依と自覚している人の場合は憑依が進行している可能性が高いですね。少なくとも5~10年は憑依から経過していると思われます。自覚しているというのは、その遥か前にすでに始まっている。

私の場合は、霊視した際に憑依霊や神仏問題の他に、精神面・性格面について同時に霊視をかけて、回答しています。その鑑定の結果を参考にしてもらいながら、霊的処置の後も、本人でできることは改善していただいています。自分の弱点、短所を教えてあげるので、そこを重点に改善していってもらう感じです。マイナス思考であれば、プラス思考になるための本であったり、直接、電話・メールでやりとりしながらアドバイスすることもあります。場合によっては専門機関の力をかりなければならない場合もありますし、そういった場合は医療機関に行ってもらったり、カウンセラーを紹介したりもします。

【Q】たけし様より質問(2014.06.12)

霊に憑依されて良い事がありますか?

【A】霊能者K氏回答(2014.06.16)

憑依されて良い事ですか・・・(笑)

まぁ、憑依というのは同居生活をする様なものですから、デメリットは沢山ありますよね。心身を支配されることなので自分の思い通りに体が動かない時もあるでしょうし、生活に支障をきたす事もあるでしょう。

メリットは・・・「自分の思いを表現できる事がある」ですかね。他人に言えなかった事を霊体が代弁してくれることがあります。良くも悪くもですけど、憑依霊はその人の思いを全部理解しているのです。

霊能者Oさん(生前は凄い霊能者、現在は浮遊霊)のケースですけど、会社辞めたい辞めたい思っていた時期があったのだけど、自分の生活があるので言えなかった。でも、憑依霊が「そんなに辞めたいなら辞表だしちゃる!」と言ってOさんの代わりに会社を辞めてきてしまったことがあります(笑)中に入っている霊体が辞表をたたきつけてきた(笑)

憑依霊から「こいつの気持ちを俺が代弁しただけだ。何が悪い?」と言われたことあります(笑)基本的に憑依されるということは自分の意思とは関係なく動くのでメリットはないですね。

【Q】まりも様より質問(2016.06.01)

強力な憑依により引っ張られて亡くなった場合、憑依された人は成仏できるのでしょうか?憑依霊に取り込まれてしまい、一緒に浮遊霊になってしまうことはありますか?憑依されているかもしれない人が、「一生ついていく。死んだら結婚しよう」と霊から言われていると話しています。かなり危険でしょうか?

【A】霊能者K氏回答(2016.06.12)

憑依霊に引っ張られて亡くなった場合は成仏自体が邪魔されてしまう可能性が高いです。そういった場合、憑依霊の仲間となって、また別の人々を引っ張ったり同調していく可能性は高いです。基本的に成仏そのものを邪魔されてタイミングを逃してしまう場合が可能性的には高いです。

「一生ついていく。結婚しよう」ですか・・・・。そうですねぇ・・危険かどうかですが、仮に本当に憑依されている場合は危険でしょう。憑依霊が男性だとして、好意を持っている女性を自分の世界に引きずり込むとなった場合は、霊体の状態にもよりますね。どの程度悪霊化しているかに左右されます。一旦は引っ張ったものの結婚を断られる(笑)なんて事もあるかもしれません。要は相手(憑依霊)が完璧にイカレてる場合もあります。まぁ、この文章からは何ともいえないですね・・・。

管理人「質問見る限り、霊感体質っぽくないですか?」
霊能者K氏「色々なケースがありますので、一概にこれっては言えないですね。Oさんの時はしょっちゅう憑依してきて、〔他の女に取られるのは嫌だ!〕とか、〔再婚するのは三回忌が終わってからにして!〕とかありましたね。亡くなった人の要望ってのもありますね。その環境にもよって異なってきますね」

【wikipedia記載内容】憑依について

ファース(Firth, R)によれば、「(シャーマニズムにおける)憑依(憑霊)はトランスの一形態であり、通常ある人物に外在する霊がかれの行動を支配している証拠」と位置づけられる。

脱魂(ecstassy もしくは soul loss)や憑依(possession)はトランス状態における接触・交通の型である。「つきもの」は、「ある種の霊力が憑依して人間の精神状態や運命に劇的な影響を与えるという信念」であると定義される。

職業霊媒のように、人間が意図的に霊を乗り移らせる場合もある。だが、霊が一方的に人間に憑くものも多く、しかも本人がそれに気がつかない場合が多い。とりつく霊とされているのは、本人やその家族に恨みなどを持つ人の霊であったり、動物霊であったりする。

何らかのメッセージを伝えるために憑くとされている場合もあり、あるいは本人の人格を抑えて霊の人格のほうが前面に出て別人になったり、動物霊が憑依した場合は行動や容貌がその動物に似てくる場合もある。こうした憑依霊が様々な害悪を起こすと考えられる場合は、それは霊障と呼ばれている。

» 戻る

タイトル タイトル
タイトル タイトル

お知らせ