浄霊に関して

霊能研R3 本物霊能者の紹介所

浄霊

【一般的説明】浄霊について

【2012.02 霊能者K氏監修済】

浄霊とは霊能力を持っている者(霊能者)が対象者の周りや体内に存在する影響を与えている霊と対話などを行う事により説得したり、納得させたり、死を悟らせる事により成仏できる状況を作り、霊界へと送る行為である。霊界へと送ることになるので、対象霊は成仏し、この世に留まることはありません。

霊能者が行う技法としては、ただ単に霊体を引き離す「除霊」よりも「浄霊」は高等な技術となります。殆どの霊能者は「対話」により相手をなだめ、納得させ成仏させる手法を用いる事が多いですが、霊能者の能力が低い場合、霊能者が相手の話に騙されているケースも多々ある様です。念が強い霊の場合は1~2回の説得ではうまくいかない場合もあります。現世における人間と同じと言えるかもしれません。

対話が成立しない場合などは、霊能者の守護神の持つ神力により、強制的に霊界へと送る事もあります。

【私見】浄霊について

【注:一般的説明を記載前に記述】

相手の訴えている事を聞き入れるというのがいいですね。

普通の人も怒り爆発状態になっても、話を聞いてくれるだけでも幾分心が楽になるというものです。そんな感じなのでしょう。まぁ、もともと同じ人間として生活していたわけで、色々な悩みや後悔を持って亡くなってしまったので色々な訴えがあるのでしょう。

でも、『○○ちゃん(既に死亡)と付き合いたかった』とか『世界征服が夢だった』とか、どうにも叶えられない訴えだったら、霊能者はどう答えるのだろうか・・興味深い。『あ、それ無理だから』とかクールに答えるのかなぁ。

でも、恨みつらみが原因で怒りまくってて、いきなり第三者の霊能者がでてきても収集つかない気がするのは自分だけでしょうか?。夫婦間の大喧嘩にしらないオッサンがでてくる様なモノかもしれないですよ・・。その辺りは私的Q&Aで聞いてみよう。

【私的Q&A】浄霊について

【Q】管理人より質問

浄霊の際に相手の訴えている事で「その訴えはどうだろう?」と思った内容を教えて下さい。

【A】霊能者K氏回答

浄霊の際というか、上がる前の最後のお願い系は色々あるなぁ。

「仏壇の写真を若い頃の写真に替えてくれ」というのとか。そうそう、「自分の顔をハンサムに変えてくれ」とか、女性の場合「自分を二十歳くらいにしてほしい」とかもある。まぁ出来ない訳じゃないから、ちょこちょこっと変えてあげましたね。

「好きな人と再会したい」ってのもあった。これも霊界から呼んであげましたよ。結構無茶ぶりが多いんですよ(笑)。

60位のじじぃが「○ッチしたい」っていうのもあったけど、それは無理って断った(笑)あと「若い子を紹介してくれ」ってのも無理って言ったね(汗)

【Q】管理人より質問

相手が全然納得をしてくれなくて、強制的に浄霊したことはありますか?その時の訴えはどんなものでしたか?

【A】霊能者K氏回答

強制の場合は訴えなんてレベルじゃない。ごちゃごちゃ言ってる奴は話すら聞かないね。まず無視する(笑)

相手に聞く姿勢がない場合はみぞおちにパンチいれます(笑)

【Q】管理人より質問

昔に誰かに恨みを持って死んでしまった霊の場合、相手も既に亡くなっていると思いますが、そんな時はどうしますか?

【A】霊能者K氏回答

呼びます。呼んで謝らせる。

話が正当であれば、相手が謝らない場合は自分がボコボコにします(笑)また、気がすむまで訴えてる方に殴らせる場合もあります(笑)

【wikipedia記載内容】 浄霊について

霊能者が使用する用語であり、霊能者がもつ霊能力、またはそれを発揮するための儀式の名称である。
この用語は、除霊に類似した言葉として使われることが多い。その場合、除霊も浄霊も、人にとりつき災いをなす霊(悪霊や怨霊など)を除去するための霊能力、または儀式のことを指す。

二者の違いは、除霊が、悪霊や怨霊などと対決して強制的に排除しようとする霊能力の事であるのに対し、浄霊は、憑いている霊の不浄な部分を浄め、または納得させることで、災いを止めさせ、解決しようとするものである。

その具体的な方法論は霊能者ごとに細かく異なり、霊を言葉で説得して納得させたり、霊を浄化するなどして霊の迷い・苦しみ・痛みを除去したり、経文や神界からの波動などの力で成仏・往生・昇天させ、本来行くべき穏やかな霊界に送り込むなど、考え方や方法は様々であるが、いずれの場合も、憑いている霊に起因する問題を、霊側の問題を解決することで平和的に終結させようとする霊能力の事である。

なお、浄霊という用語は、上記のような一般的な意味合いであっても、霊能者ごとに細かい解釈や理論が異なっており、さらに、上記以外の意味の儀式を浄霊と呼ぶ場合もあり、この用語は、必ずしも霊能者共通の意味合いをもっているわけではない。統一性が乏しいのは、世界救世教が造語し、すでに存在していた浄霊という言葉を、それぞれの霊能者が独自解釈で流用したという歴史的背景に起因するためと思われる。

» 戻る

タイトル タイトル
タイトル タイトル

お知らせ